武将カードの進化の仕様変更について

いつも戦国花札合戦をご利用頂きましてありがとうございます。日ごろよりご意見、ご提案を多数頂きましてまことにありがとうございます。

2018年8月1日よりゲームバランスと難易度調整のため武将カードの進化の仕様変更を予定しております。変更内容については下記をご確認ください。

・同じ武将カードを合成することで進化できるようになります。

1段階目計略レベルの上限が5になります。
2段階目武将レベルの上限が50開放され、計略レベルの上限が10になります。
3段階目武将レベルの上限が50開放され、計略レベルの上限が15になります。
4段階目武将レベルの上限が50開放され、計略レベルの上限が20になります。

※既に武将カードの計略レベルの上限を超えている場合は上記は適用されません。
※4段階目に進化している武将をさらに進化させると計略レベルが1上がります。
※4段階目に進化していて計略レベルがMAXの武将をさらに進化させると武将レベルの上限が10上がります。
※同じ武将カードは進化のみ合成可能で武将強化では使えなくなります。



・勾玉を使うことで武将カードのレベルの上限を上げることができます。
※勾玉で武将を進化させることはできなくなりますのでご注意ください。

銅の勾玉の効果武将カードのレベル上限を3あげる(3回まで)
銀の勾玉の効果武将カードのレベル上限を5あげる(3回まで)
金の勾玉の効果武将カードのレベル上限を10あげる(3回まで)
漆黒の勾玉の効果武将カードのレベル上限を10あげる(回数制限なし)
真珠の勾玉の効果武将カードのレベル上限を1あげる(回数制限なし)

※[極]の武将カードはレベル400、[将]の武将カードはレベル300、その他の武将カードはレベル250が最大上限となっています。
※8/1より金の勾玉の返還機能は廃止されます。

今回の仕様変更にともない金の勾玉などのアイテムを付与致します。 勾玉で武将カードを進化させたい場合は8/1までにご利用ください。
仕様の変更でお騒がせ致しますが何卒ご理解を宜しくお願い致します。

今後とも戦国花札合戦を宜しくお願い致します。


TOPに戻る